葬儀の時の服装を知る

人間関係を重視した葬儀ができる「一般葬」

葬儀の時の服装を知る 一般葬は、人間関係や社会との関係を重要に考える伝統的なスタイルの葬儀です。近年、親しい間柄の人たちだけで葬儀を行う「家族葬」といった新しいスタイルの葬儀が出てきたこともあり、それと区別する意味で使われる言葉でもあります。参列者の人数は、数十人〜300人程度とされており、家族葬と比べると規模が大きくなります。そして参列者の人数が多いほど葬儀費用も高くなります。

一般葬のメリットとして挙げられるのは、身内以外のさまざまな人との関係性を大切にできるということです。家族葬の場合は身内だけの小規模な葬儀であるため、精神的にも、費用面でも負担が軽減できるというメリットがありますが、葬儀に参列したくてもできないという人が現れるケースも少なくありません。その点、一般葬であれば、多くの人を呼ぶことができるため、参列できなかった人から不満が出るということもないでしょう。さらに費用面に関しても、参列者が多いほど香典の総額(収入)も多くなるため、葬儀費用(支出)との差し引きで考えると、費用を大きく軽減できる場合もあります。

斎場に関しては、参列者が300人までであれば大抵の施設で対応が可能です。そして参列者が100人を超える場合は、駐車場にテントを張るなどして受付が行われることが多くなります。