葬儀の時の服装を知る

男性と女性の葬儀の服装

葬儀の時の服装を知る 葬儀の時の服装では男性の場合、シャツは白無地にしてネクタイは黒無地というスタイルにすることが一般的になっています。そして、タイプとしてはシングルかダブルのブラックスーツになりますので、必ず社会人になると一着は用意しておくことが必要となります。気をつけたいのは、普段肌身離さず持っているような派手なアクセサリーや時計をつけている人は、葬儀の時には外すようにすることが礼儀になります。意外と忘れがちなのは、ネクタイピンも付けないことが葬儀のマナーになるので、気をつけることが大事です。靴下は黒無地にして、靴は光沢のない黒い靴を選ぶことで全体の格好がまとまってきます。葬儀に参加できるような格好をすることで、社会人となった一人前の人間になることができます。

女性では、洋装などにする場合は、髪はすっきりまとめることになり、髪飾りはつけない方がベターです。しかし、髪飾りをつける場合には、黒のリボンなどを選択することでマナーを守ることができます。正式礼装の場合は、アクセサリーを控えることになりますので、普段からつけている人は外していくことです。しかし、結婚指輪などはつけていてもいいので、あえて外すこともないです。お顔はシンプルな化粧を心がけることで、葬儀に見合った格好になります。