葬儀の時の服装を知る

葬儀に着用する子供の服装

葬儀の時の服装を知る 突然の葬儀がある場合には、大人の服装の他にも家族がいる場合には、子供の服装もしっかりとする必要があります。まず年齢によって違いがありますが、男の子や女の子問わずに学校の制服があれば使用することが、正式な礼服となります。そして、通夜、葬儀、告別式などの出席では制服であれば問題がありませんので、服装では特別用意することはありません。それにプラスして法要などの時にも、同じように制服で参加することができます。大学生になっていたり成人に達した場合は、大人と同様にすることが礼儀となります。成人した男性ならブラックスーツを用意することになりますし、女性なら黒のアンサンブルやスーツの他にもワンピースを用意しておくことが望ましいといえます。

子供の葬儀の時の服装でも制服がない場合がありますので、白シャツやブラウスに黒か紺を選ぶことがベストといえます。地味な色のズボンやスカートを使用することで、喪に服している格好となりますので、明るい色などを選ぶことが無いようにすることです。ベストやブレザーなども同じです。忘れてしまうのは、上着のボタンを派手な色にしていたり、金や銀色の場合がありますので、つけ替えて使用することです。