葬儀の時の服装を知る

葬儀のお手伝いなどのマナー

葬儀の時の服装を知る 人間は生きているということは、必ず死を迎えるということを覚悟して生きています。しかし、それが突然起こることが多く、死を迎える時には周りの家族が悲しみに包まれ、また後悔の念が出てくることもあります。友人や知人が亡くなった場合に、訃報を聞いた時の対応をすることはマナーがあります。訃報を聞いて対応をする時には、故人との関係によって違いがありますので、相手との関係を確認しておくことは大切になります。親族や親しい友人の場合では、相手との関係がわかりやすいので、すぐに弔問へ駆けつけることができます。

基本のマナーとしては、玄関先で遺族にお悔やみの言葉を述べてから、深くおじぎをすることです。玄関先で対応することによって、遺族と顔を合わせることになりますし、訪れることによって義理を果たすこともできます。そして、弔問では遺族にお悔やみを述べた後には、近しい関係ということで、通夜や葬儀、告別式などの手伝いを申し出ることです。必ず手伝いが必要ということではありませんので、不要な時は無理にすることはありません。親しい間柄の場合は、お手伝いでも友人や知人への連絡係をすることもありますので、近所づきあいから様々なことで知らせをすることがあります。