葬儀の時の服装を知る

通夜や葬儀に参列できない時

葬儀の時の服装を知る 葬儀などは遺族が悲しみに包まれている場になるので、相手との関係性によって対応が変わってきますし、マナーなども注意をすることです。しかし、訃報を聞いてすぐに駆けつけることができない場合には、通夜や葬儀に参列できないということですので、弔電を打って後日弔問することになります。企業などでは代理人を立てることもありますので、すぐに駆けつけることができなくても対応をしておくことで、相手との義理を果たすことができます。

そして、親族や仲の良い友人関係だとしても、遠方や病気などで弔問できないときがありますので、お悔やみの言葉を添えて香典を送ることができます。病気をしているのに駆けつけたいという気持ちになる人がいますが、無理をして先方に迷惑をかけることがあるので、自分の体調を考慮して行動することが大切です。近年では平均寿命が高くなっているので、高齢者の葬儀に更に年齢の高い高齢者が訪れるということも珍しくありません。そして、故人とそれほど親しくない場合では、弔問するのであれば玄関先でお悔やみを述べる程度にすることがマナーになります。家族も対応がいろいろとありますので、気を使わせることはしないように注意をすることです。