葬儀の時の服装を知る

守っていますか。葬儀の際の喪服マナー

葬儀の時の服装を知る 葬儀に参列する際に、一番気を付けなくてはいけないのが喪服のマナーです。変な格好をしてしまうと、それだけで周囲から白い目で見られる可能性がありますので、注意が必要です。では、一体どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。男性の場合には、正式な第一正装は紋付袴になります。ですが、この現代でなかなか紋付袴を持っている人は少ないですよね。ですので、この場合には洋装でも全く構いません。洋装の場合の第一正装はモーニングコートになります。ですが、名前の通りモーニングコートは朝着用になりますので、お通夜などの夕刻以降に行われる場合には着る事が出来ません。

また、モーニングコートは一般的に遺族や近親者のみが対象となりますので、その他の場合には、略礼装と呼ばれるブラックスーツを着るようにしましょう。ブラックスーツで気を付けるべきポイントは、黒無地のシングルかダブルのスーツを選ぶことです。ワイシャツは白で靴下や靴、ネクタイは黒に統一しましょう。また、ネクタイピンはつけないようにして下さい。腕時計やアクセサリーは出来る限りつけないようにしましょう。金色であれば尚更です。どうしても腕時計を付ける場合には、シンプルで目立たないようにしましょう。